Road to free time

日々自由時間を求めている男が日常やシェアしたいと思った事について書いているブログ。

エゴサーチを避ける記事

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

め る o エ を の エ 著
に ゜ r バ チ 名 ゴ 名
こ 氏 y | ェ 前 サ 人
の の u ノ ッ や | や
よ サ g | ク サ チ ア
う | o ト で イ を ル
な チ は 好 き ト し フ
縦 か エ き る 名 て ァ
書 ら ゴ に と で い ブ
き 逃 サ 抜 い 検 る ロ
で れ | 群 う 索 と ガ
苦 る チ に メ し 聞 |
労 方 し 著 リ て く や
し 法 て 名 ッ `   ゜ 大
て を い な ト 自 エ 手
書 考 る ` が 分 ゴ サ
い え と 五 あ や サ イ
て た 公 藤 る サ | ト
い の 言 隆 ゜イ チ の
る で さ 介 ^ ト は 管
゜ 試 れ 氏 中 の ` 理
  す て @ 略 評 自 人
  た い g v 判 分 は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

エゴサーチをしている本人から何か反応があれば、このエゴサーチ避けは失敗ということなのだが、見つかったとしても、何も反応されない可能性がある。

なので、この記事を投稿したら私がキーワードで検索してみて、確認する必要があるかもしれない。


普通に検索しても多分ヒットしないと思うが、サーチのやり方によっては可能だろう。


わかっていたが、こんな記事を書いても何のためにもならないと思った。
このエントリーの作成は疲れる。

【日常雑記】 #01 園児の横断から

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝、信号待ちで、保母さん(?)に連れられた園児たちに遭遇した。
とてもキャピキャピしていた。かわいい。

信号が青になる。
「手を上げて前を見て渡ってねー」と、
保母か教諭か知らないが、引率の方が導く。

私は園児たちの元気に道路を横断する姿を後ろから見ながら、横断歩道を歩いていく。

園児たちの元気が良いせいか、彼らがキラキラして見える。
斜め上を見ながら歩いている。
彼らはこれからどのような時間を過ごすのだろう。
当たり前なのだが、彼らは可能性で満ち溢れている。

私はどうだろうか?
ふと我を俯瞰してみる。
少し俯いて歩いていた。

私は、特筆すべきスキルやアイディアを持ち合わせていない。
刻々と流れ去る時間を有効に使えているとは言いがたい日常。

せめて可能性を持っているように見えるように目線を上げて歩こうと思った。

そんな日常。


ひとつ気になったことがある。
信号が青になった時、「左右を確認してねー」と園児に習慣付けしたほうが良いだろう。
信号が青とはいえ、園児たちは導かれるままに交通量の多い通りを前だけをみて横断していたからだ。


私は15年程前に、交差点を青信号で横断して交通事故になった経験がある。

面倒くさいとBlogとバタフライ。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日の自由な時間は限られているので、なんとかして有効活用して、やりたいと思っていたたくさんのことをしたい。なりたい自分になりたい。

しかしながら、私は根が怠け者。面倒くさがり。
面倒くさくならないように工夫することも実は面倒くさい。

楽するための工夫や思考って、ただただ時間をこなす事より面倒なことが多い。でも、工夫できたことや思考したことは後々に効いてくるはずだと見積もっているし、信じたい。

とは言え、その工夫するための時間はなかなか取れず、まとまった時間が貰えると、日々の疲れを癒す為に使ってしまいがち。僕のような怠け癖があり、意思が弱い人間にとって、「面倒くさい」は人生の敵なのです。


日々思うことはあるはずなのですが、時と共に忘れ去られるか、風化していきます。
忘れないようにと、一瞬の閃きや思いつきを携帯しているAndroid端末からEvernoteにメモするのですが、数日後に読み返すと違う考えだったり、思いつきが進化していたり、いらなくなったりしていて、その頭の中の情報の進退と感性の変化にいつも驚きます。

そんな感じで、blogに書こうと思ってメモしたりしても、こいつは記事として使えないなと思えてきたりしてボツになることもよくあります。
または、温存しているうちに誰かが似たような記事を公開したりして、ボツになります。

そんなのお構いなしに自分の備忘録の為や、頭の中の整理、文章を書く練習として書けばいいのですが、そんなことを書いても、見てくれた貴方に時間の無駄だったな、と思われる事となるのが嫌です。
しかし、有益なことを発信したり面白い事を書くのは、なかなか難しくて。まだまだ頑張らなければなりません。

そんな事を最近、うろうろと考えていたりしたのですが、
以下のやよこさんのblogの文章ではっと思いました。

ピアノとBlogとTwitter。 « やよこのiPhone~Largo♪
たとえプロのような演奏ができなくても、生の演奏には何か伝わるものはあると思いたいし、この私が弾くことに何か意味があるかもしれない。



やっぱり、書いて公開することで何か意味があるかもしれないと。

前述したように、読んでくれた方に無駄な時間を使わせてしまうことが多いでしょう。
しかし、何もしないと何も起こらないのです。

カオス理論の有名な比喩の一つとして「バタフライ効果」というものがあります。
ある場所での蝶の羽ばたきが、そこから遠く離れた場所の将来の天候に影響を及ぼす程になることがあるというようなことです。

要するに、些細な初期条件の違いが、長時間経過した後には誤差では済まされない大きな違いとなりそれは予測不可能だということを表しています。

つまり、blogを書いたりして発信し続けていれば、いつかどこかで何か目に見える変化として現れるかもしれません。それがいつなのか何なのか分かるはずもないのですが、いつかどこかで良い事に繋がるといいなぁ。なんて思っております。例え自分の知らないところだとしてもね。




ポストマップで人生が変わった

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加


ってのは大げさですが、便利なサイト[ポストマップ]を偶然知りました。
(タイトルはホッテントリメーカー作です(笑))
ポストマップは、郵便ポストの場所を収集時間などの情報とともに、地図上で検索出来るサイトです。

たくさんのはてブが付いているので、ご存知の方も多いのでしょうが、
私は今まで知らなくて、締切りギリギリの手紙を出す時に、回収時間を気にしてドキドキして、イチかバチかでポストに突撃していました。
収集時間に間に合わなかったときは、地域で一番デカイ郵便局まで出向くことになるのでした。

余裕もって投函しとけよ。っていう声が聞こえてきそうですが、
年賀状なんかはギリギリ出すかたが多いように思います。
だって、自分がギリギリに郵便局にいくと、わんさか人が来ています。

そんなわけで、知らない方にとっては、お!っと思えるサイトであり、時間節約に役立つと思いますので下記にリンク貼って紹介しておきます。


ポストマップ | ポストをひたすらマッピング
ポストは探すとなかなか見つからないもので、引越後などにポスト探しで消耗されている方をあちらこちらで見かけます。というわけで、ポストマップは、みんなで郵便ポストの場所をマッピングしていこうというプロジェクトです。
ユーザー登録することで、マッピングが可能になります。
▼マッピングには中毒性がありますので、やり過ぎにはご注意下さい。視力低下、けんしょう炎を招く恐れがあります。
▼ポストの写真を撮っていると不審がられることもありますが、自信を持って撮影して下さい。
▼このプロジェクトは、郵政民営化などのムーブメントとは一切関係がありません。

通勤経路にあるポストの確認や回収時間の確認に便利ですね!


あまり詳しいことは書きませんが、適当に眺めればなんとなく見方がわかるようになっていると思います。

Postmap_01


上図中の表でもわかるのですが、写真でも時刻はバッチリ!

Postmap_03


さて、確かに便利だと思えるサイトなのですが、
ポストをひたすらマッピングということで、このサイトにユーザ登録した方達は、工夫しながら未発見のポストを見つけ、写真を撮り、Uploadしているようです。ブログ機能やコメントも出来るようなので、ちょっとした位置情報サービス+SNSな感じがしますね。


Postmap_02



どのように未発見(未マッピング)のポストを、工夫して探し出しているのか?
面白いと思ったのが、小型のGPSロガーを封筒に入れてポストに投函し、取集経路を調べるやり方。

[1] 回収担当者に不審に思われないよう、GPSロガーの発光が漏れないクッション付き封筒等に入れる。
[2] 宛先を自宅にして、投函。
[3] 後日自宅にGPSロガーが届いたらログを解析。


私はやっていないが、やりだしたら楽しそうだ。




[映画] ナイト&デイ で夢を語る

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日は「ナイト&デイ」を映画館で観てきました。
トム・クルーズ と キャメロン・ディアス の主演映画です。
どんな映画だったか・・・

一言で書くと、
コメディ&ロマンティックなノンストップスパイアクション動画。

すんません、コピーは半分パクリました・・・。
あまり内容のことを書くとあれなので、
僕が印象に残ったセリフをひとつ紹介しておきます。


Someday. That's a dangerous word. It's really just a code for 'never'.

「いつか~したいね」という言葉は危険だ。 永遠に実現出来ないためにある


物語の冒頭の辺りで出てきたセリフ。
深い。

たしかに、「いつか一緒に***したいね。」 と言ったり、
「いつかご飯でも」、「いつか飲みたい」
なんて思ってても、結局実現出来ずに時間が過ぎ去ってしまった事が多すぎます。僕の場合ね。

しかしながら、
最後まで映画を観終わって思いました。セリフは伏線だった!

夢は語ることで、実現させようとする力が働くんだと。
てことは、語り合うとその力は倍増するんじゃないかと。

語り合わないとね。

忘れていた。そして思い出した!夢を書く!

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0174_非常識な成功法則


上掲の写真の中にある本「非常識な成功法則」(著:神田昌典)は、僕が2009年11月28日に買って読んだ本だ。
この本にはこう書いてあった。
夢や目標を紙に書き出せと。 書いて毎日眺めれているだけで夢が実現するぞと。そんなようなことが書いてあった。

そんくらいだったら、なまけものの僕だって出来るな。 とその時に思った気がする。 やってみようかなとその時思った。

文具屋に夢や目標を書き出すためのノートを買いに行こうと思っていたのに、その頃は、ToDoリストやEvernoteも活用していなかったので、日々に忙殺されて買うのをすっかり忘れてしまっていた。
書き出していないので、その頃書こうと思っていた夢や目標は、今は思い出せない。

夢を書き出そうと思ったことをすっかり忘れて、ずいぶんと時間が経ってしまった・・・。

でも、昨日思い出しました。書き出そうということを。なぜかって、 No Second Lifeというblogを更新し続けているタチバナさん(@ttachi)の下記のエントリーを読んだから。


タチバナ式 その1 夢がなければ始まらない!まずはなりたい自分を書き殴ろう! [タチバナ式] | No Second Life
実は4年前に書いた夢の半分以上が既に実現してしまっています。夢は書くことでエンジンを得て、車輪が回り始めるのです。 link: Full Article…

やろうと思ってやってなかった。これから書くぞ!



思い出したというより、再度、書き出そうと思えたという感じです。

さて、夢や目標を書き出すためのノートの準備ですが、また買いに行くの忘れると振り出しに戻るので、まずは適当なノートでいいかな・・・自宅にまともなのが無かったら忘れないようにメモしておくと。

で、ボールペンについては実は僕もタチバナさんと同じく、ジェットストリームを愛用しています。(3色だったり1色だったりで違いありますが・・)
自宅用、職場用と、カバンの中用にそれぞれ用意してあり、替芯もまとめ買いしてあるのです。
ジェットストリームはストレス無く書けます。そしてインクのカスレなどもほとんどなく、スムーズに書けるので、時間の無駄にもなりません。


DSC_0173_Jetstream


ノートが準備出来たらさっそく書き出していこうと思います!

そして次回「タチバナ式」エントリーがめちゃめちゃ楽しみです!!


記事検索
プロフィール

tetsu_kw

時間は有限!人生を楽しく面白くもっともっと有意義にと日々考えております。岐阜県生まれ、静岡県在住。
Twitter: @tetsu_kw
livedoor ID: te_k81

Feed登録はこちら
follow us in feedly
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。