Road to free time

日々自由時間を求めている男が日常やシェアしたいと思った事について書いているブログ。

時間の棚卸のすすめ

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

2010-0813_time


上掲の写真は、
ある夏の暑い休日に、僕が起床してから寝るまでの時間の使い道を記録したメモ。
つまり時間の棚卸だ。家計を家計簿で振り返るように、自分の過ごした時間を振り返れる。
では少し振り返ってみる。

前日に夜更かししたせいで、起床したのが午後。
その時点で勿体ない感でいっぱいだが、この日はそのほとんどをtwitterやblogを読んだりする時間で費やした。

起きていた時間が11時間強で少ない。
twitterを使いながらblog読んだりして、パソコンに向かっていた時間が約4時間。(写真中の黄色蛍光の部分)、それ以外の時間は、ちょっと出かけるか、休憩(食事)・トイレ・睡眠。あとは、ダウンロードしたアプリを少し試したりなど。

無駄に一日を過ごしている気がしてきた。
twitterの時間(依存度)、ネットの時間(依存度)が多いと感じている。

読書もまともに出来てないし、身体を動かしていない。
twitter上やblogで得た情報も、実践したりしなければ、その場で分かった気になってすぐに身になってはいない。
この日は、twitterのタイムラインや巡回したblogの情報を処理していくだけに時間は使われて、自分で何かを成そうとしたり、成すために深く考えたりする時間はほとんど無かったのだ。

twitterを悪者にしているわけではない。
コミュニケーションツールとしては優れているし、楽しい。
普通にしていたら会えない人と会えるきっかけもある。
情報もリアルタイムで手に入る。

しかし、内容の無い長電話をして時間を無駄にするように、twitterやwebも上手に付き合わないと、時間をそれだけで食いつぶしてしまいかねない。
僕はこの日を、もう少し他に色々有意義なことができたんじゃないかと感じた。

振り返ったこの日は、怠惰な日だったが、
時間の棚卸をしてみることで、
何気ない日々の中での無駄な時間や、改善できそうなライフスタイルを見つける
ヒントになるかもしれない。

貴方も時には時間の棚卸をしてはどうだろうか?

iPhoneケース展に行って来た without iPhone 

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加


横浜 赤レンガ倉庫で開催されているiPhoneケース展
に1人で突撃してきた。8/22(日)

公式サイト↓
[iPhoneケース展] 日本人100人のアーティスト・企業・作家が作るiPhoneケースギャラリー

その時にAndroid phone [Xperia]で少しだけ撮影したので掲載。

DSC_0135_iPhone-case


これちょっと気に入った↓
DSC_0130_iPhone-case


ごついカメラ風ケース↓
DSC_0126_iPhone-case


僕はデコしない派だが、気になったデコ職人 yuripo22さんの作品↓
DSC_0132_iPhone-case



良い!↓
DSC_0131_iPhone-case


iPad用のケースの展示も少し↓
DSC_0134_iPhone-case


その他、色々なケースが展示されていた。
まぁ30分くらいで見れる程度かな。

ワークショップ(革のケース作り?)もあった。(未体験)

横浜みなとみらい方面に用事があったので、訪れてみたけど、
猛暑なのと、駅から近くなくて激混みバスで移動したので体力を消耗した。

そういえば、iPhoneじゃなくてXperiaで撮影してたら、
近くにいた人になぜかガン見された。
iPhoneじゃなくて悪かったな!(笑)

面倒臭がり屋のEvernote運用法

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のblogエントリーは
EVERNOTE「超」仕事術
の著者であるRashitaさんが更新するblog: R-styleの企画に乗らせて頂いて書きました。

「Evernote企画4th:第0回:「あなたのEvernote術教えて下さい!」企画」

というこの企画を偶然知って、
“「Evernoteの情報交換」ぐらいの気持ちのエントリーが集まったらいいなと思っています。”
というように書かれてあったので、これならblog初心者、Evernote初心者の私でも参加できそうだなと感じてキーを叩いております。

<面倒臭がり屋のEvernote運用法>

私は、Evernoteという自分の記憶の支援をしてくれるすばらしいアプリケーションを使い出したのは、
2009年10月20日です。
この日付も自分の頭で覚えていたわけではなく、Evernoteにアクセスして数秒だけ探して得た情報です。
それからしばらくはたいして使いこなせず、適当にメモを書いたり、
気に入ったwebページのclipを保存していました。
しかし私は2010年4月にAndroidケータイを購入して、スマートフォンユーザーの仲間入りを果たします。

そのころから、Evernoteの自分なりの使い方を考えたりすることが増えました。
なぜなら、スマートフォンを手に入れたことによって、Android版のEvernoteアプリが使えるようになったからです。
非スマートフォン環境では、Evernoteの自分用のアドレスにメールすれば保存してくれる機能を使って思いついたことをメールで記憶させるのが自分には精一杯でした。それに比べてスマートフォンのアプリではノートの閲覧がしやすいし、検索も楽です。

こうしてEvernoteに触れる機会が増えてきたと同時に、Evernoteへ楽に保存できるように試行錯誤したり運用法を考えたりしてきました。いや、試行錯誤などほとんどしていません、ネット上で紹介されている方法を真似したり、ネット上のサービスをただ利用しただけです。

その、どうしたら上手く使えるだろうかと思って、検索していたら見つかったblog記事が
今回の企画にエントリーもされていらっしゃるgoryugoさんの書かれた 下記の記事です。
連載 本気でEvernote
にある、
本気でevernoteを使って、本気で全てを記憶する 
です。

このgoryugoさんのノートブックとタグの使いかたにモロ影響を受けました(パクリました)。
真似したのは、ノートがノートブック間を移動することは楽なので、ノートブック役割はノートのステータス等を表す名前をつける。タグはジャンルを表すことにしようというところ。
他にも参考にした部分はあるのですが、どこをどのように参考にしたか忘れた(そこまでは記憶しようとおもってなかった)ため、省略します。

私は上記の「ノートブックの役割」と、既定のノートブックにどんどん詰込んで、あとから整理するというやり方を軸にEvernoteを運用しています。(入れるときにタグをつけたりノートブックを指定したりはしません)


今回のこのblog記事では、私の個人的なEvernote運用のための、個人的な考え方をつづりたいと思います。

といっても私の考えも1週間で180度変わっていることもありますので、現時点での考え、そして最近考えている事を簡単に書きます。思い出し方についてです。

1.Evernoteにたくさんタグをつけるのが面倒
タグが結構増えてしまって、たくさんの中から適当なタグを選ぶのが面倒。
自分が怠け者だから、きっちり整理整頓出来ない性格だから。
きっちり整理整頓出来てなくても、ざっくり出来てれば良いと思える性格。
私のEvernoteを使う目的はいまのところ整理じゃない。キーワードから記憶の断片が思い出せること。
ただし、整理を頻繁に行えば、それによって呼び出された記憶は忘れにくくなるというおまけ効果はあります。

2.面倒な上にもしかしたら時間の無駄じゃないのか??
例えば、1つのノートにタグをつける(タグを新しく考えるか、既存のタグを探す作業)のに毎回20秒かかり、思い出すときに手がかりになるタグを探すのに10秒かかるなら、
あわせて30秒の時間コストがかかる。

一日10のノートを編集するなら、300秒(5分)かかるってことだ。
10日で3000秒(50分)。100日で500分=8時間20分
これは人によってはもったいない時間のはず。
100日で8時間あるんだったら、3ヶ月に一回とか人に会って為になる話しを聞いたり、意見交換をしたりしたほうが時間の使い方としては有意義なんじゃないのか? 
それだったら、脳に思い出せそうなワードが浮かんだ瞬間に検索boxに検索ワードを入れたほうが多分早い。5秒くらいか。もちろんたくさんのタグを眺めたことで、ワードが思い出せる可能性はある。でもキーワードが思い出せてないんだから時間がかかるはず。

3.思い出すときってどんな時?
お仕事が自宅だとか、執筆作業があるとか、会社のPCにEvernoteがインストール出来ているとか、
PCでのEvernoteがそばにある環境が自分の生活時間の大半をしめている方は別ですが、
私の場合はそういう環境が目が覚めている時間の5割を超えていることが無い。

そうなってくると、Androidアプリの「Evernote」や「Evernote viewer」を使う場合にも運用についての考えの重点を置くべき。
で、現時点で感じていることは「タグが参照しにくい。」ってことがちょっとストレス。
Evernote viewerはノートブックやタグ一覧から選んで、その後に個々のノートを探せるようになっていて、ノートブックを選ぶとそこに紐つけられているタグを選べるので、どんどん絞られて最終的には目的のノートの目的の記憶に行き着くかもしれない。でも検索より遅いです。
だから現状の私の運用シチュエーションのひとつ、Android環境では圧倒的に検索ワードを入力したほうが早いのだ。(iPhoneもそうですか?)
出先で切れちゃったトイレの電球のスペックなんだっけ? ってなったときも、「自宅」「設備」と入力して検索しています。
また、PC環境の時もタグを選んで思い出すことはほとんど無くなって、検索boxで探すことが多い。早いから。


以上のように書いていたら、もっといっぱい書けそうになったのと、時間がなくなってきたので、今回の記事はこの辺で。


blogを書きたくなったわけ

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加


ここ最近、twitterでのツイートをきっかけに、一年前の自分のblogを振り返るという内容のblog記事をいくつか読んでみる機会がありました。
読んだ記事は以下です。

iPhone / iPad 迷走雑記【20100813-14版】 : 覚醒する? @CDiP
和室からチラ裏日記 8/14版 一年って早いね〜 : 和室からiPhoneMacな日記
昨年の昨日は何をしてたかというと… : 普通のサラリーマンのiPhone日記

自分の場合はどうだったんだろう、と振り返ってみた・・・・

が、一年前にblogの記事は無かった。そう、このblogは存在していないのだ。
振り返れん・・・
でも、blogに残ってなくても、自分は何をして何を考えていたのかを思い出そうとしてみた。

2009年の手帳を開いた。
8/17日・・・何も書かれていない・・・・。

手帳の8月の見開きページには、友人の結婚式の予定や散髪の予定が書き込まれている。そして、8月のToDoリストには、「夏スーツの選定」や「定額給付金の申請」と書かれている。

一応どんなことをやっていたのかだけは、おおまかには分かる。
でも、「どんなことを考えていたのか」は手帳には全くメモが無く、何を考えていたのか全く思い出せない。日記もつけていない。

このときはEvernoteはおろか、Twitterも始めていなかった。
今はTwitterで思ったことをつぶやけるので、一年後に今日考えていたことを振り返ろうとすれば、twitterのlogが自動的に送信されているEvernote経由で簡単に振り返ることは出来るはずだ。

twitterのlogの一言一言でも別に良いんだけれど、考えていた事や、やっていた事などを、少しまとまった感じで思い出したいなぁと思うようになった。
思い出せない(記録していない)ことに、なぜか少しショックをうけたから。

だから、数記事だけ書いて放置していたこのblogを
また書いていきたくなった。
そして、これからは思い出せるはず、

そう、blogならね。



<後記>
もちろん、思い出す為だけにblogを書くわけではないです。
自分の頭の整理とか文章を書く練習とか色々あるわけです。

そして、@matubizさんという方が、
WordPressで過去を振り返りやすくしてみた♪ : matuダイアリー

という記事の中で、以下のように述べられています。

“そう、興味の対象がブログで配信されるコンテンツだけでなく、コンテンツを配信している人にも相当向いているんです。”

まさに、私も最近そんな感じです。
なぜ、私はiPhoneユーザーでもない(Android端末ユーザではある。)のに、いつのまにか、上記にあげたiPhoneを主体としたblogを巡回し始めたのか?

Androidユーザとして自分が持っていないiPhoneについて気になるから。
ガジェット関係が気になるから。
ということもありますが、中の人たちが、日々の工夫や気付きをblogで綴って、それぞれのblogやtwitterでつながっていたりして、とても有意義にとても楽しく人生を過ごしているように見えたからというのがものすごく大きいです。


なんか後記だけで1記事できそうな勢いが出てきましたので、ここら辺で。
下手くそな長い文章を最後まで読んで頂いた方へ。ありがとうございました。

お風呂でXperiaを使って時間を稼ぐ

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

何かをしながら目的の動作をしている人や様のことを「ながら族」と言うそうなのだが、お風呂で湯船につかりながら、情報端末としての携帯電話・スマートフォンを使うのは効率的だと思うし、時間を稼ぐことにつながると思う。

湯船に使っている時は、頭の中がクリアになって、普段浮かばないようなアイディアや自分の考えが浮かぶことが多い。でも、浮かんだ事を何もメモをできずにお風呂から出てしまうとすでに忘れてしまっていることも多いので、お風呂に入っている時にメモできると良い。

また、インターネット上の情報を検索したり、細かい空き時間に視聴しようとしていた動画などがある時に、情報端末をお風呂に持ち込めたら便利だということだ。

湿気の多い場所を嫌う精密機器をお風呂に持ち込むにはどうするかと言うと、
Ziplocを使う。

Xperia_in_the_bathroom

(画像クリックで拡大)
スーパーマーケットなどで安価に手に入る「Ziplocストックバッグ」にXperiaを入れてみた。

携帯電話やスマートフォンをZiplocの中に入れてお風呂に持ち込めば、湯船に使っている間にいろんなことができる。
2重ロック構造になっているので、破れたりしないかぎり水分が端末に触れてしまうことは無いのではないかと思う。

必然的に少し長めの入浴時間になるので、半身浴にすることがお勧め。
熱いお湯が肩まで使っているとのぼせる。

半身浴でぽっかぽかになりながら、頭の中を整理したり、情報をインプットしたり、時間を有効活用できると思う。

Xperiaで時間を稼ぐ #1

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

NTT docomoの最新スマートフォン端末 SO-01B Xperiaが4/1に発売されて、
その当日に購入できた。まだ現在試行錯誤しながら使っていて、ようやく操作に慣れてきた。

Xperiaはdocomoは2台目ケータイにと目論んでいると思うのだが、そうはせずに機種変更にて入手した。
そのおかげで、iモード関係を切り捨てた(iモードメールは必要だったので、Androidアプリで対応している)が、色々なアプリケーションとハードウェアのスペックの高さがもたらす時間創造を期待している。

もちろん、単純にAndroid端末に触れたことがなかったので、いじりたかったのも大きいけれど。

では、実際どのように自分なりに時間創造やらが出来ているのか??
まだ発展途上というか、試行錯誤しているのでうまくまとめられないけれど、まずは小出しに簡単に下記に列挙しておく。自分の備忘記という意味でも。

1.インターネットのサービスやアプリがサクサク使える!
   webページの閲覧、Gmail, GPS連動の地図アプリや時刻表など、情報を調べたい時にスピードが違う。
   機種変前のiモード端末に比べ、一日1分以上は時間を短縮できている感じ。
   元々機種変前はwebにアクセスすることはほとんどなかったので、
   webにアクセスするときは家にいる時に思い出せる事だけ。これは時間のロスになっていた。    

2.twitterやEvernoteが出先で使いやすい。
   出先で何かメモを取ったり、思いついたことを記録したり参照する時に便利。
   特にEvernoteを活用したい。画像の中の文字も検索できるので、カメラで撮影しEvernoteにアップロードしておけば、
   あとで参照しやすい。
   文字情報だけ記録するのは機種変前にも、メールに書いて自分宛に送信した
   りすればPCでも参照できるように出来るのだが、後から探すのは少し不便。
   また、twitterで検索したり、つぶやいて誰かが疑問に答えてくれるかもしれない。

3.Youtubeの高画質モードで動画が見れる。
   これは、時間創造とは関係が無いかもしれないけれど、高画質で見たい動画を見つけた時に出先で暇な時間に鑑賞できる。
   家で見る必要が無い場合は時間を節約できたことになる。
   iPhoneでも現時点では見れないから、この機能は他スマートフォンよりも優れている。


まずはこんなところ。

時間創造についてデメリットな点もあるが、そんなには気にならない。
例えば、電源OFFからの起動時間がiモード端末よりかなり遅いが、電源OFFする機会はそんなには無いので問題ない。
また、Xperiaを含むスマートフォンの電池の減りは早くて、Xperiaだと1日一回は充電しないといけない。充電するという作業時間が多く発生してしまうが、一日数十秒程度の作業時間で、上記の時間メリットを考えれば許容できるので問題ない。
出先で電池の残量が無くなってしまった場合には困ることになるので、外部バッテリなどは用意しておいたほうが良いと思う。

記事検索
プロフィール

tetsu_kw

日々自由時間を求めている男が日常やシェアしたいと思った事について書いているブログ。
Androidスマートフォン等、色々なガジェットが好物。人生を楽しく面白くできたらと日々考えております。岐阜県生まれ、静岡県在住。
Twitter: @tetsu_kw
livedoor ID: te_k81

RSS登録はこちら
follow us in feedly
QRコード
QRコード
楽天市場