ってのは大げさですが、便利なサイト[ポストマップ]を偶然知りました。
(タイトルはホッテントリメーカー作です(笑))
ポストマップは、郵便ポストの場所を収集時間などの情報とともに、地図上で検索出来るサイトです。

たくさんのはてブが付いているので、ご存知の方も多いのでしょうが、
私は今まで知らなくて、締切りギリギリの手紙を出す時に、回収時間を気にしてドキドキして、イチかバチかでポストに突撃していました。
収集時間に間に合わなかったときは、地域で一番デカイ郵便局まで出向くことになるのでした。

余裕もって投函しとけよ。っていう声が聞こえてきそうですが、
年賀状なんかはギリギリ出すかたが多いように思います。
だって、自分がギリギリに郵便局にいくと、わんさか人が来ています。

そんなわけで、知らない方にとっては、お!っと思えるサイトであり、時間節約に役立つと思いますので下記にリンク貼って紹介しておきます。


ポストマップ | ポストをひたすらマッピング
ポストは探すとなかなか見つからないもので、引越後などにポスト探しで消耗されている方をあちらこちらで見かけます。というわけで、ポストマップは、みんなで郵便ポストの場所をマッピングしていこうというプロジェクトです。
ユーザー登録することで、マッピングが可能になります。
▼マッピングには中毒性がありますので、やり過ぎにはご注意下さい。視力低下、けんしょう炎を招く恐れがあります。
▼ポストの写真を撮っていると不審がられることもありますが、自信を持って撮影して下さい。
▼このプロジェクトは、郵政民営化などのムーブメントとは一切関係がありません。

通勤経路にあるポストの確認や回収時間の確認に便利ですね!


あまり詳しいことは書きませんが、適当に眺めればなんとなく見方がわかるようになっていると思います。

Postmap_01


上図中の表でもわかるのですが、写真でも時刻はバッチリ!

Postmap_03


さて、確かに便利だと思えるサイトなのですが、
ポストをひたすらマッピングということで、このサイトにユーザ登録した方達は、工夫しながら未発見のポストを見つけ、写真を撮り、Uploadしているようです。ブログ機能やコメントも出来るようなので、ちょっとした位置情報サービス+SNSな感じがしますね。


Postmap_02



どのように未発見(未マッピング)のポストを、工夫して探し出しているのか?
面白いと思ったのが、小型のGPSロガーを封筒に入れてポストに投函し、取集経路を調べるやり方。

[1] 回収担当者に不審に思われないよう、GPSロガーの発光が漏れないクッション付き封筒等に入れる。
[2] 宛先を自宅にして、投函。
[3] 後日自宅にGPSロガーが届いたらログを解析。


私はやっていないが、やりだしたら楽しそうだ。